離婚をすることになると、分かれた後、夫と妻がどこに住むのかについては、ほんとうに揉めますよね。

離婚時の家の売却

私の場合はローンを組んで購入した家だったので、私か元夫のどちらが家に住み続けるということになりました。

その時、どちらも引っ越して家を売却するという考えに及びませんでした。

妻に家をあげる

元夫は、離婚について話しあいをしているとき、私に「家をあげる」と言いました。

その意味は、「自分は慰謝料を払わないかわりに、持ち家を妻の私にあげる」と言うことです。

持ち家はローンが残っている家でした。

元夫は、「自分はこれから先、一からの生活を始めないといけない」とさみしそうに言いました。

そして、「自分にはお金がかかるので、家のローンは払えないので、私が払ってくれ」と言いました。

「ローン付きの家でも、手に出来る私の生活の方がまだまし」という気持ちと、「一からの生活をしないといけない」と言う言葉に同情してしまい、私は、その条件にすぐに了解し離婚してしまいました。

ローン付きの家をもらった後悔

今考えてみれば、離婚することで今までの拘束された生活から開放されるのがが嬉しくて、真剣にローンのことなど考えていなかったのだと思います。

実は、元夫は離婚する前から単身赴任をしており、赴任先で会社の寮に住んでいました。そのため、離婚をしても元主人は住むところはあったのです。

離婚が決まってから、元夫は、仲良くしている男友達と二人でやってきて、自分の衣料品やタンスを運んでいきました。

私の今の生活は、二人の娘を育てながら毎月の住宅ローンと子供の養育費に追われ、とてもツライ状況です。

離婚をして、一からの生活を始めた元夫は、体も元気で仕事を続けています。

元夫は、年に2度娘たちと会っているのですが、娘たちの話しでは、お給料もボーナースもあり、かなり裕福な感じだそうです。

ローン付きの家をもらった私の生活は毎日が苦しく、離婚する際に夫に同情する必要など全くなかったのです。

元夫はローンの大変さを知っていた

おそらく元夫は、家のローンがすごく負担になることは、最初から分かっていたんだと思います。

離婚することになるなら、本当に家など建てなければよかったと後悔しています。

その分、貯金が溜まっていたと思うし、別れることになったら、その貯金を分けることもできたはずです。

これから離婚を考える方にアドバイスするとしたら、絶対にローン付きの家をもらっちゃだめだということです。

また、もし元夫が家のローンを払ってくれると言っても何十年も支払ってくれる保証もありません。別な家庭ができれば、必ずそっちを大切にして、ローンも支払われなくなります。

離婚に同情は禁物です

離婚するとき同情してはダメです。

そして、家などもらわず、一から出直したほうが絶対に生活がラクになりますので騙されないでください。

私は、一刻も早く別れたいという気持ちが失敗につながったのだと思います。

ですから、家をお持ちで離婚を考えているなら、まず家を処分するということを前提に、家がいくらで売却できるかなど事前に調べておくことをオススメします。

もし、誰かに相談していたら、こんなことにならなかったのかもしれません。本当に後悔しています。