婚姻時、夫と私の名義でマンションを購入しました。私と夫で9対1の割合で購入したので、登記は共有名義にしました。

8年後、いろいろあって離婚することになりました。別れる時にマンションを売りたかったのですが、まだ住宅ローンがかなり残っていました。

マンション

マンションの築年数は10年未満でしたので、そこそこ高く売れるかな・・と思ってましたが、上の階の方も売りに出していると聞いたので売りにだしている価格を調べてみると、こちらが思っている金額よりはるかに低い値段でした。

こちらとしては、それよりも高い値段で売りに出さないと、ローンの残りの返済負担が大きくなってしまう状態でした。

同じマンション内で、ライバルとなる上の階の方よりも値上げすることは難しいだろうということから、売却はいったん見送ることになりました。

私としては、離婚に向けて早く財産分与したかったので、マンションが売れるまで何ヶ月も待つことが出来なかったことも売却を諦めた理由でした。

夫は実家が近くにあったため実家に戻り、私はそのまま子供たちと住み続けるということで話はまとまりました。

元夫名義が残った住宅ローンを払い続ける

離婚後、私はそのままマンションに住み続けて一人でローンを返済していく形になりましたが、名義には前の夫のが残ったままでした。

ローンや固定資産税など、マンションのすべてを私が払っているのに、何のために前の夫の名義を残しているのか疑問に思ったのと同時に、腹立たしさを覚えたので、離婚から2年程経ったある日に名義を抜いてほしいと頼みました。

子供たちと私だけではその家が広すぎるので売却して新しく引っ越そうと考えていたのですが、名義人に前の夫がいると買い手が現れた時もスムーズに進まないと判断したこともきっかけになりました。

彼は頼みを聞いてくれましたが、名義書き換えの手続きや費用はこちらで持つように言われ、仕方なしに全て負担する形になりました。

名義の書き換えには司法書士の先生にお願いし、必要書類を揃えたりと手間もかかりお金も数万円かかりました。

離婚する時に強引にでも財産分与を済ませておけば、私だけ住宅ローンの負担をせずに済んだのだと思うと少し後悔していますが、これでやっと自分の財産になり好きに出来ると思うと嬉しく思いました。

専属専任契約でローン残と同じ金額で売る

不動産屋

その後、不動産屋さんにローンの残債と同じ位の金額を設定し専属専任媒介でお願いしていたところ、買い手が見つかり売却することができました。

わずかですがマイナスがでたので、貯めていた貯金を切り崩して現金で払いました。その後、引っ越しをし、今は別の賃貸マンションで生活しています。

もし、これから離婚する方がいるならば、すべてを離婚前に終わらせておくとこを強くお勧めします。

名義を残したままにしておくと、結局誰のためにローンを払っているのかわからなくなってしまいます。

ローンをいくら自分で払っていたとしても、法律的には登記簿に書かれている所有者が正なってしまいます。口約束など、なんの保証もありません。

私の場合には、夫の実家が近くで連絡もとれたので助かりましたが、2年後に連絡がとれなくなったらどうすることもできませんでした。

ですから、家を持っている人が離婚するばあいには、離婚を切り出す前に専門家の方に相談して必ずアドバイスをもらっておいたほうが良いと思います。

法律はわからないことが多すぎて、自分勝手に理解していると、あとでとんでもないことになってしまいます。