離婚時、持ち家の場合、住んでいた家をどうするかという問題がでてきます。

結婚後に買った家は共有財産となるので、基本的には二人で分けることになります。

理想的には家を売って現金化し、二人で折半するのが理想です。しかし、家を売ることができず「どちらかが住み続ける」という結論をだされる方が多いようです。

【家を売ることができない理由】
●住宅ローンが残っている
●家を売ってもマイナスになってしまう(負の財産)
●ローン残金を一括返済するお金がない
●家を売る手続きが面倒くさい
●一刻も早く離婚問題に決着をつけたい

住み続ける場合、夫か妻のどちらかが家をでることになります。

一般的には「夫が家をでて、妻と子供が住み続ける」ということになる場合が多いようです。

夫と妻の生活圏

【夫がでて妻と子供が残る理由】
●夫には会社の寮などがある
●夫は会社中心の生活のため家をでても影響がない
●子供の学校や進学などの問題がある
●友人、知人と別れたくない
●子供と妻の生活基盤が地域の中にある
●転校先でのイジメの問題がある

夫は会社に行ってほとんど家にいませんが、妻と子供は違います。学校、友達、近所とのお付き合いなど、家を中心とした地域社会の中で生活しています。

このような理由から、夫が家をでることになるのですが、問題は残っている住宅ローンをどうするかです。

このローンの問題については「住宅ローンは夫が養育費代わりに払う」など安易に決めがちですが、これが後々大問題に発展してしまうのです。

夫が住宅ローンを払い続け、妻と子供が住み続ける場合どんなリスクや問題があるのか考えてみたいと思います。

夫が家を出て妻が家に住む場合の問題点

「夫が家をでて、養育費の代わりに宅ローンを払い続ける」一見なんの問題もなく、思いやりがあって理想的な結論のように思いがちですが、実はこの選択が一番問題なのです。

離婚したばかりの数年間はほとんど問題なく経過していくのですが、長い人生何が待っているかわかりません。

例えば、会社の倒産、病気、再婚など、当たり前のように起こってきます。そうなった場合、「住宅ローンを最期まで払い続けていけるかどうか」が問題なのです。

【人生で起こる生活環境の変化】
・会社が倒産してしまった
・リストラになった
・不景気で収入が減った
・病気で入院した
・恋人や新しい家族ができた
・転勤になり連絡がとれなくなった

特に、新しい家族ができると2箇所の住居費を払い続けることになり、普通のサラリーマンの収入ではかなり難しくなります。

やり繰りが苦しくなると、どうしても新しい家族を優先するようになってしまいます。

住宅ローンは、20年、30年と長期に渡るものです。その期間が長くなればなるほど、生活環境に変化があります。

どこに住んでいるかもわからない・・、まったく連絡をとってない・・、というケースも数多くあります。

住み続けていたら突然督促状が・・

住宅ローンの滞納があると金融機関から督促状が届きますが、送付先が夫になっていた場合妻は知ることもできません。

連帯債務者や連帯保証人になっている場合には、滞納が3ヶ月から6ケ月続いていると、突然一括返済通知が届くなんてこともあります。

督促状

このような事態を避けるには、離婚協議書や公正証書を作っておくとよいと言われますが、それは支払えるお金があってのこと。

お金がなかったり、連絡が取れなくなっていれば、いくら公正証書があってもどうすることもできません。

このような理由から、夫が払い続ける家に住み続けていくのは、かなりリスクの高い選択になってしまうのです。

もし、現在家の処分について悩んでいたり、住宅ローンの滞納などがあるなら、早めに専門家の知恵を借りることをオススメします。

任意売却 離婚版

離婚時の家はどうすればよいのか・・

このようなトラブルを避けるには、登記上の名義やローン契約書がどうなっているのかを確認し、離婚後どのような影響があるのかをしっかり理解した上で、家の処分方法を決める必要があります。

離婚時は、一刻も早くスッキリしたいという気持ちから、面倒なことはなるべく避けたい気持ちがあります。

しかし、家は自分の財産に関わる大切なことであり、ローンの契約に至っては、離婚後も完済するまて二人の関係が残ってしまうという面倒な問題なのです。

離婚も家の売却も初めての経験なのでとまどうことが多いと思いますが、専門家からアドバイスをもらい失敗ないように対処してください。

以下の無料相談に、離婚時の名義変更に関する詳しい情報がのっていますので、参考にしてみてください。

矢印離婚時の家処分の無料相談を見てみる