家を買うために金融機関で住宅ローンを組もうとする時、家を共同で買うことのメリットについて説明を受けます。

  • 二人でローンを借入れすれば融資枠が増えますよ
  • 収入合算すればもう少しレベルアップの家を購入できますよ
  • 二入の共有資産になるので財産も守られます
  • 登記に所有者として二入の名前が記入されますので安心です(離婚しても)
  • 別々に住宅ローン控除が受けられるので税金の優遇が得られます

というように、その内容は良いことばかりです。

しかし、家を共同で買うことのリスクについては、ほとんどというほど話してくれません。

融資

例えば、以下のようなデメリットの説明です。

  • 連帯保証人になると離婚しても一生債務を持たなくてはなりませんよ
  • 共同債務者になると、離婚のときに所有権で必ずもめますよ
  • 共同名義は離婚とは関係ないので、離婚しても名義を外すのは困難になりますよ
  • 金融機関契約は離婚とは関係ないので、離婚しても外すことはできませんがよろしいですね
  • 共同債務や連帯保証人になると、財産分与と債務の件で通常の離婚の何倍も労力がかかりますよ

二人で力を合わせてマイホームを取得しようとするときに、離婚時のデメリットは話しずらいと思いますが、大切な問題なので絶対に説明すべき話です。

説明をしっかり受けなかったため、多くの離婚者がマイホーム処分で頭を悩ましているのです。

二人で共同購入した家は「連帯債務」の物件となり、お互いが連帯保証人や連帯債務者となっての契約となります。

もし「連帯債務になると、離婚する時に厄介なことになりますがよろしいでしょうか・・」と念押ししてくれれば、共同名義で家を買わなかったもしれません。

不動産会社は物件を売るため、金融機関は少しでも多くの案件とローン金額を上がるため、水をさすような話はタブーなのかも・・・。

でも、3人に1人が離婚する時代なのですから、離婚時の連帯債務のリスクや、別れるときの名義問題もしっかり説明して欲しかったですよね。

ほとんど不可能な住宅ローンの名義書換え

離婚時の住宅ローンの名義の書き換えは、金融機関でほとんど対応してくれないのが現状なのです。

「離婚し他人になるのだから、連帯保証人や連帯債務をなんとか外して欲しい」とお願いしても、ほとんど受付けてくれません。

金融機関の拒否

「婚姻と借入れ(債務)は別の問題で、離婚したとしても債務解消することができません」

「二人の合算で審査し融資したので、1人では返済できないリスクが高くなるので認められません」

と言われてしまいます。

そして「離婚した後もなんとか力を合わせてローンを完済してください」と、目が点になるようなこと言われます。

「力を合わせられないから離婚するのに・・・」全く現実的な話ではない事実を突きつけられ、困ってしまいますよね。

連帯債務を解消するには「今借りているローンを完済させるしか方法がない」のが現状なのです。

そこで、住宅ローンの借り換え(乗り換え)を利用することで、共同名義のローンを完済させてしまい、新しく借入れする時に1人の名義にしてしまうという方法があります。

現在は住宅ローンの金利も低く、金融機関でも優良顧客を確保するための「借り換えローン」を積極的に展開しているので、それを利用しまうのです。

乗り換えローンが可能かどうかを確認するには、住宅ローン乗り換え一括審査を使うと便利です。

住宅ローンの借り換えが可能かどうか、最大6行の金融機関から簡易審査を受けることができます。

住宅ローン乗り換え一括審査を使ってみる

住宅ローンの借り換えの条件とは

住宅ローンの借り換え(乗り換え)のポイントは、今まで2人で融資を受けていた金額を1人でクリアできるかどうかということになります。

2人の合算収入で借りていた融資金額の枠が、1人の収入でクリアできるなら問題ありません。

収入アップのサラリーマン

年収も増えて、公務員や士業の方、一部上場会社勤務など、安定した会社や職業の人であれば、クリアできる可能性が高くなります。

借り換え審査では、他の金融機関の借入れ状態や、これまでの住宅ローンの返済実績(直近1年間)などもチェックされます。

また、住宅ローンの借り換えは、基本的には家を担保にしての融資となるため、家の評価額も重要となります。

最近は東京オリンピックの影響で土地やマンション価格も上昇しているので、意外と高い評価を得られる可能性があります。

さらに銀行金利も最低のレベルにありますので、借り換えすることでかなり得することもあります。

【住宅ローンの借り換えの審査】
①年収
②返済バランス
③完済年齢
④担保評価倍率
⑤職種の評価
⑥返済履歴
⑦他社からの借入れ状態
⑧信用調査結果
⑨名義変更

金融機関の審査基準は、各社でかなりバラツキがあり、ある金融機関ではNoでも、別のところではOKのケースが多々あります。

審査が通らなかった場合の対処法

ローンの借り換えができない場合、離婚後、債務の状態のまま、どちらかが住み続けるという選択をしてしまいがちです。

しかし、ローン返済が滞った場合に、連帯債務者や連帯保証人が、一括返済しなければならない事態に追い込まれるので注意が必要です。

頭を抱える女性

離婚して別家庭ができ連絡も取り合わないのに、連帯債務の責任だけが過去の婚姻者に残っているのは、ちょっと異常な状態です。

このような場合には、ローンが残った状態のまま家を売却する「任意売却」があります。

任意売却は、通常の返済と違い専門知識が必要な売却方法です。ネットで無料で相談を受けられますので、スッキリさせたい方は相談してみてください。

任意売却の説明を聞いてみる

また、離婚全般の解決を弁護士に相談してしまうという方法もあります。

相手が、全く相談に応じてくれないような場合には、この方法が一番です。離婚協議から財産分与、名義の問題まで、一括で取り扱ってくれます。

離婚する時、相手との話し合いができるか、協力的であるか、まったく話し合いにならないのかで、対応できる策は違ってきます。

話し合いがまったく進まない場合には、最寄りの弁護士事務所を無料で紹介してくれますので、下記の日本法規情報の「離婚サポート」を利用してみてください。

「相談だけ」という依頼もできますので、利用し適切なアドバイスをもらってください。

離婚サポートで相談してみる