離婚の最終段階になると、「話し合うのも、会うのも嫌」ということになってしまいますよね。一刻も早く離婚したいのに、相手側がなかなか話し合いに応じてくれないということもあります。

そんな状態の中で、慰謝料や養育費、共有財産について話し合うのは、心身的に大きな負担になります。

夫婦ケンカ

まして持ち家の場合、ほとんどが住宅ローンがたっぷり残っている負の財産です。収入合算で購入した場合には、連帯保証人や連帯債務者になっているなど名義の問題もあります。

離婚時には連帯保証も外したいのに、ローン返済中の名義変更はほとんど認めてくれません。

そんなことから、連帯保証や連帯債務が外せないまま離婚してしまい、ある日突然、ローン返済の借金が回ってくるなんてケースが起きています。

このような事態を避けるためにも、離婚時の家の処分はしっかりしかなくてはなりません。

連帯債務の名前を外すには・・

家の名義の問題を解決するには、以下の4つの方法があります。

【住宅ローンの名義を外す方法】
①残金を払いローンを完済してしまう
②住宅ローンの借り換えで名義を書き換える
③家を買い替えしてしまう
④家を売却してしまう

連帯債務の名義を外すには、とにかく今借りている住宅ローンを一度終わらせてしまうしか方法はありません。

1.残金を払いローンを完済してしまう方法

残金を払いローンを完済してしまう方法は、預貯金を崩したり、銀行や親からお金を借りるなど、なんらかの方法でローン残金を用意し返済してしまう方法です。

一番スッキリする方法ですが、預貯金がたっぷりある方や、実家が裕福な方など一部の人しか対応できません。

2.住宅ローンの借り換えで名義を書き換える方法

住宅ローンの借り換えは、他の金融機関の「ローン借り換え」を利用し、新たなローンとして組み直す方法です。

借り換え手数料はかかりますが、現在の住宅ローンは史上最低の金利なので、返済金額を減らせる可能性があります。

ただし、この場合、新たにローンを組む人の単独借入れとなりますので、借入れできる相応の収入が必要となります。

住宅ローン乗り換え一括審査などのサイトを利用すると、住宅ローンの借り換えができるかどうか判定してくれますので、利用してみてください。

住宅ローン

3.家を買い替えしてしまう方法

今住んでいる家を売却して、新たな家を購入する時に利用する「買い替え(住み替え)ローン」を利用する方法があります。

このローンの特徴は、新たな家の購入代金と、家を売却した時の残債を合わせて融資してくれることです。

当然、借入額も「新たな家+売却後の残金」となり、月々の返済金額も増えるので、その額の審査が通るたけの収入が必要となります。

4.家を売却してしまう方法

離婚後、どちらも家に住まない場合には、家を売却してしまうのが一番です。

家の売却には、「普通の売却」「任意売却」という方法があります。

【普通の売却】

「普通の売却」は、家の売却額がローン残債より多く利益がでる場合や、ローン完済するための残金を用意できる場合の売り方です。

普通の売却ができるかどうか、まず今住んでいる家がどれくらいの金額で売れるのか調べることが必要です。

不動産売却一括査定などを利用すると、1分程度の簡単な入力で複数の業者から家の売却金額査定を受けることができます。

不動産一括査定で現在の最高価格が分かるイエイ

【任意売却】
「任意売却」は、ローンが残ったままの状態で家を売却してしまう売り方です。

住宅ローンが残っている場合、残金を払ってローンを完済させないと金融機関の抵当権を外せないため家を売ることができません。

しかし、「任意売却」という債務整理の手続きをとることで、ローンを抱えたまま家を売ることができます。

売却後は、不足分の支払いが残りますが、金融機関との話合いにより無理のない範囲内の金額で返していくことができます。

「任意売却」をするには、弁護士に依頼して行います。任意売却相談センターなど、任意売却を専門に扱っている弁護士事務所に依頼するのがポイントです。

任意売却 一般版

相手との話し合いができず家の問題に対応できない

離婚を決めればドロドロの離婚劇を演じることなく、少しでも早くスッキリ別れたいですよね。

しかし、離婚間際になると、
・まったく話し合いに応じてくれない
・感情的になって話し合いにならない
・DVが怖くて会えない
・顔を見るもイヤ
・二度と会いたくない

と、二人の関係は最悪の状態になっているのがほとんどです。

家が連帯名義になっている場合には、色々としっかり話し合い解決しなけばならいのに、これではどうしようもありません。

このような時には、弁護士に任せてしまうのが一番です。第三者が間に立つことで、それぞれの意見の調整ができ、また事務的な手続きもスムースに進みます。

弁護士

持ち家の離婚では、家の名義の問題は必ず発生する問題なので、色々なケースのノウハウもあり手早く手際よく解決してくれます。

また、本人同士が直接会わなくても処理が進められるので、嫌な思いをすることなく家の名義の問題を解決することができます。

できるだけ避けたい名義をそのままにしての離婚

いずれにしても、話し会うのが嫌だから・・、一刻も早く別れたいから・・、自分が住まないから・・と言って、ローンの連帯債務の件を、そのままにしておかないことが大切です。

ローンが完済するまで、20年、30年とかかり、その間お互いの人生はどんどん別方向に進んでいき、やがて相手に連絡を取ることも困難になってしまいます。

それなのに、ローンの返済責任を婚姻時のまま残しておくのは、多くのトラブルのリスクを抱えて生きることになり絶対に避けたいことです。

もし、離婚時の家の処分について迷っているなら、弁護士事務所の無料相談を利用してぜひ相談してみてください。

以下の弁護士事務所は、離婚時の家の売却なども扱っているいるので、いろいろなアドバイスを無料でしてもらえます。

正式に依頼するまでは、費用は一切かかりませんので、安心して相談することができます。

任意売却相談センター