結婚時に二人の共有名義でマンションを購入しました。しかし、結婚3年目にして離婚ということになりました。

連帯保証人の夫婦が離婚するとき

離婚に関しては財産分与や共有の持ち物の折半等、離婚のための沢山話し合いをしなくてはなりませんでした。

話したくもないのに、離さなければならないと言う地獄のような日がありました。

考えただけでもこれ以上耐えきれないので、私は何も要らないという事で家をでました。

夫婦ローンの共有名義の悲劇

問題は共有名義のマンションです。

余り聞かないケースかと思いますが、借入金の総額を二人で割り各自ローンを組みます。

そして、旦那のローンの連帯保証人は私。私のローンの連帯保証人は旦那。このような組み方となり、各々の名義の口座から引き落とされます。

マンションの名義は、2人の共有名義になります。

離婚したとしてもローンはそのままの為、私が家を出て住んでいなくても私の口座からの引き落としは止まりません。

何も要らないと家を出ても引き落としは止まらないのです。

旦那も家を出るのならマンションを売却できるのですか、旦那が住むという事なので売却は出来ませんでした。

考えた結果、私の口座から引き落とされる金額を旦那に振り込んでもらう事にしました。

しばらくは、何の問題もなかったのですが、恐れていた事が起こりました。

恐れていたことが起こる 夫がローンを滞納

旦那からの振り込みが途絶えました。

夫婦の連帯保証人の悲劇

これにより、私は住んでもないマンションのローンを払い続けるはめになったのです。勿論、旦那に連絡を何回もしましたが着信拒否です。

最終的には弁護士を雇い解決してもらいましたが、弁護士費用もかかりました。

弁護士のおかげでマンションは無事売却でき、私の持ち分のローンは全て払い終えすっきりし気分新たに新生活を送っていました。

夫婦でローンの連帯保証人になってはいけない

数年後、債権回収会社から1通の封書が届きました。

夫婦で連帯保証人になった悲劇

内容は旦那が未だローンを完済できず、あげく最近は入金が無いとの事で連帯保証人の私に支払いの督促状が届いたのです。

この時、本当に共有名義でマンションなど買うべきでは無いと思いました。

今後、共有名義で購入を検討している方がいらっしゃるなら止める事をお勧めします。

ローンも連帯保証人も離婚してもそのままで変更は不可能に近いです。

人生はどうなるのか先は解らないので慎重に行動したいです。

離婚を考えて結婚する人はあまりいないと思いますが、家は最悪の事を考えて購入するべきです。