「二人で力を合わせてマイホームを買って、幸せな家庭を築いていきたいね・・」。そう二人で誓いあい結婚し、一緒に頑張って頭金を貯め、念願のマイホームを手に入れられた方も思います。

そんなこともあって、最近では、家の購入時に共有名義とされる方が多くなってきました。

連帯保証人

共働きをしている方は、借入金額の増額、住宅取得等特別控除(住宅ローン控除)や、将来家を売却するときの譲渡所得、遺産相続時の相続税のメリットなどの説明を受けて、共有名義にされた方もいるかと思います。

このような手続きを経て家を購入し、正真正銘「家は二人の共有財産」になったわけですが、実は共有財産のメリットは、生涯一緒に添い遂げた時の話なのです。

これが離婚するとになると「二人の持ち物」が、メリットどころか大きな障害となって離婚を難しくしてしまうのです。

もし、家が共有名義になっているなら、「離婚」を切り出す前に、家の所有やローンの名義、ローン残金、家の資産価値などと、しっかり確認しておく必要があります。

登記の所有者と住宅ローンの借り主

家には、登記上の所有者名義と住宅ローンを借入れた時の2つ名義があります。

(名義については、本ページでは、簡単に説明していますので、詳しくは「家の名義変更の基礎知識|離婚時の家の売却」を参考にしてください。)

登記上の名義(不動産の所有者)

登記上の名義とは、不動産である土地、建物の所有者をいいます。

家を取得したとき、不動産(土地、建物)の権利者と持ち分を決め登記申請したものが、不動産の登記簿謄本として登録されています。

所有者は、法務局の支局・出張所で不動産登記簿謄本の『登記事項証明書』を発行してもらうことで確認することができます。

住宅ローン上の名義

住宅ローンの名義は、金融機関からお金を借りた人をいいます。契約書に「借り主」として記載されています。

夫の年収だけでは希望の金額を借りられないときは、夫婦の収入合算という手段を使って借入金の増額が計られます。

このような場合に、合算者(主に妻)が「連帯債務者」や「連帯保証人」として登録されます。

共有

連帯債務者

住宅ローンの支払いに関して、借り主と連帯して支払い責任のある人が連帯債務者です。ですから、立場は借り主と同等になります。借り主が払えない場合には、全面的にローンを支払う責任があります。

連帯保証人

連帯保証人は、借り主の債務を保証する人です。連帯債務者は毎月の返済に対しての責務ですが、連帯保証人は借り主が返済できなくなったとき全ての債務に対し責任を追う立場です。

離婚時に何が問題となるのか

離婚時に問題となるのが、これらの名義の書き換えです。

離婚すれば他人となるので、不動産の所有者も住宅ローンの借り入れの名義も、すっぱりと書き換えてしまいたいですよね。

ところが、金融機関ではなかなか名義の書き換えを認めてくれません。

また、連帯債務者に代理の人を立てるという方法もありますが、かなり厳しいと言える状態なのです。

連帯債務者や連帯保証人として名義が残っている限り、戸籍では他人となっても、ローンが払い終わるまで何十年もの間、2人には支払いの責任があるということになります。

たとえ相手が再婚しても自分が再婚しても、今どこで何をしているかわからず連絡がつかなくても、ローンの支払いが滞れば、即その債務のすべてが自分に回ってきてしまいます。

これは、とても恐ろしい状況ですよね。

連帯債務者や連帯保証人の名義の問題を解消するには、以下の4つの方法が考えられます。

1.家のローンを支払ってしまう

ローンの残金を用意して、住宅ローンを完済してしまう方法です。金融機関の抵当権も外れるので、後は自由に処分できます。

2.自分の持ち分のみ売却してしまう

まったく新しい家の処分法として注目されている方法で、自分の持ち分のみ業者に売ってしまうことで名義問題を解消します。

離婚時の共有部分の買取りは、Century21中央プロパティー が行っています。

3.任意売却で家を売ってしまう

住宅ローンが完済していない家は、金融機関の抵当権が設定されているため売却できません。

しかし「任売売却」という手段をとることで家を売ることができます。

もし、離婚の原因が借金などのお金のトラブルなら、借金の問題も解消できるので、離婚を回避できるかもしれませんね。

住宅ローン滞納・任意売却の無料相談 などのサイトがあるので、一度相談してみてください。

4.ローンの借り換えを利用する

他の金融機関へ「住宅ローンの借り換え」をすれば、新たな契約となるため、名義変更や安い金利に変更することができます。

住宅ローンの借り換えで共有名義をクリアにしてから離婚すれば、名義問題もなくなりスッキリします。

住宅ローンの借り換えできるかどうかは、 住宅ローン乗り換え一括審査 などを利用すると、簡単に調べることができます。