家を売却するときには、自分で売り先を探すか、不動産屋さんに仲介して探してもらいます。

不動産屋さんに売買の仲介を頼む場合には、宅地建物取引業法(通称:宅建業法)で決められた、「媒介契約書」で契約しなければなりません。

不動産売買の媒介契約には、以下の3つの契約の仕方があります。

【不動産との媒介契約】
①専属専任媒介契約
②専任媒介契約
③一般媒介契約

不動産屋選び

契約により、サービス内容、仲介手数料、契約期間などが違っています。媒介契約書に細かく書いてありますので、内容を確認の上、契約してください。

不動産売買の媒介契約

専属専任媒介契約

家の販売を1社の不動産屋にすべて任せる契約です。家の販売を独占的に扱えるため、広告や営業活動に力を入れることができます。

この契約をした場合には、例え自分の身内や友人であろうが、契約した家の売買に関しては、すべて契約した不動産屋が仲介するとこになります。もちろん、仲介手数料も支払う必要があります。

契約してから5日以内には、不動産流通機構が運営する不動産の情報交換のためのネットワーク「指定流通機構(レインズ)」に情報を登録します。

これは、いち早く不動産業界に情報を流すことで、少しでも早く売買を成立させるためのものです。

また、依頼人に対して1週間に1回以上の営業活動の報告をしなければなりません。

契約期間は3ヶ月毎で、延長する場合には延長契約をします。

専任媒介契約

専任媒介契約は、専属専任媒介契約と同じく、家の販売を1社の不動産屋にすべて任せる契約です。

家の販売を独占的に扱えることから、営業活動が無駄にならないため営業活動に力を入れることができます。

専属専任媒介契約との違いは、自分で見つけたきた売り先に対しては不動産を通さないですむため、仲介手数料を取られなくてすみます。

「指定流通機構(レインズ)」への情報登録は、契約してから7日以内にする必要があります。

依頼人に対しての報告は、2週間に1回以上の営業活動となります。

契約期間は3ヶ月毎で、延長する場合には、延長契約をします。

一般媒介契約

一般媒介契約は、複数の不動産屋と媒介契約を結ぶことのできる契約方法です。

複数の会社との契約しているため、あまり積極的に動いてくれることはありませんが、多くの人に情報を見てもらうことができます。

不動産業者に営業活動の報告義務はなく、依頼人も自分で動いて購入希望者を見つけることができます。

依頼人が自分で売り先を見つけた場合には、手数料等もかかりません。

契約期間は、原則無制限となっていて、いずれかの不動産屋での売買が完了するまでとなります。

仲介契約のメリット・デメリット

専属専任媒介契約 専任媒介契約 一般媒介契約
他社との契約 1社のみ 1社のみ 複数契約可能
自分で探したお客 手数料を払う 手数料不要 手数料不要
契約期間 3ヶ月更新 3ヶ月更新 制限なし
業務報告 1週間に1回以上 2週間に1回以上 義務なし
特徴 ・1社なので力を入れやすい
・会社や営業担当次第ということも
・売れなかった場合買取りがあるところも
・1社なので力を入れやすい
・会社や営業担当次第ということも
・売れなかった場合買取りがあるところも
・人気地区の場合には即売れる
・売りずらい物件は置き去りのことも
・報告義務がないので活動が不明

媒介契約の選び方

専属専任媒介契約や専任媒介契約の場合には、1社独占で販売できるため、販売計画や広告などにお金をかけることができるため、早く売れる可能性があります。

また、一定期間売れなかった場合には、流通価格の8割程度で買取りをしてくれるところもあります。

自分の物件が交通の便が悪かったり、駅から遠い、古いなど、条件があまりよくない場合には、専任媒介契約などで積極的に営業活動してもらったほうが良いかもしれません。

人気のエリアや人気のマンション、駅近などの場合には、一般媒介契約でも問題なく売れてしまいます

気をつけなくてはならないことは、初め査定金額を高く提示し契約に持ち込み、契約後売れないからと言って、売価をどんどん下げる会社があることです。

「少しでも高く売ってお客さんに喜んでもらいたい」と思っている会社と、「値段を下げて早く売リ抜け手数料を稼げればいい」と思っている会社の双方あることだけは頭に入れ、見極めてください。

いずれにしても、会社の営業力や、担当者やる気にかかってくるところが多くありますので、話をして大丈夫かどうかを見極めて契約すべきです。

まずは、「一括査定」などで複数の不動産とコンタクトして、やる気や営業内容を比較してみることをオススメします。

家の一括査定業者

不動産&マンション売却査定.com

不動産一括査定のイエイ

不動産売却一括査定「イエウール」