夫と離婚する時に、家は自分の財産としてしっかり残して置きたいですよね。

例え、住宅ローンを自分で払うことになっても、家があるのと無いのでは人生設計がまったく違ってきます。

また、社会的に安定している男性と違い、離婚後に女性が家を手に入れるは、よほど収入がないと難しいのが現状です。

家を残す方法

家があれば万が一のピンチの時には売ればいいし、老後の年金暮らしの時も安心なので、何とか残しておきたいですね。

結婚後に買った家は共有財産なので分与が基本

結婚後に二人で作り上げた財産は、離婚時に分与されることになります。

もちろん家も同様です。結婚後に買った家は二人の共有財産であり、それぞれの貢献度に応じた分与となります。

独身時代の貯金や実家からの援助金を頭金に入れ、パートをして月々の返済してきた家を離婚で失うなんて、どうしても納得いきませんよね。

なんとしても残したいものですが、家を自分のものにするには、結構難しい問題が山積みなのです。

また、「離婚後も家に住み続けられると得した気分でいたら、後々大きなリスクが待っていた」ということもありますので、しっかりチェックしておく必要があります。

離婚後住み続け、家を自分のものにする4つの方法

家を自分のものにするには、登記の名義を自分に書き換える必要があります。

しかし、名義の書き換えは金融機関の承認が必要と契約書に書いてありますが、名義が変わると返済のリスクが上がってしまうため承認を得ることはほとんど不可能な状態にあります。

そのため、「登記の名義書換をして自分のものにするにはローンを完済させること」が条件となります。

1.ローン残金を一括払いで完済させ登記を自分名義に変更する

ローン残額を用意し一括返済すれば、離婚と同時に名義を書き換えることができます。この方法が一番スッキリします。

ローン返済がかなり進んでいて、残額が少ない場合に有効です。

【問題点】
・ローン残金を自分で、または借入れなどで用意する必要がある
・ローン残額が数千万円単位と多いと現実的ではない

2.「住宅ローン借り換え」で」自分だけの借入れと名義にする

現在の住宅金利は史上最低になり、各金融期間で「住宅ローンの借り換え」を積極的に展開しています。

前のローンを返済して新しいローンに乗り換えすることで、名義を書き換えてしまいます。女性で年収がかなりある人に有効です。

【問題点】
・「住宅ローン借り換え」の審査に通るだけの年収が必要
・夫と同じくらいの収入がないと通らない
・借り換えできても、ローン返済が大変

3.夫に住宅ローンを払ってもらい完済時に名義を書き換える

家のローンを養育費代わりに払ってもらい、ローンが完済した時に名義を書換えて自分のもの(単独所有)にします。

お金を払う必要なく一番得する方法ですが、同時に大きなリスクを抱えています。

【問題点】
・夫が完済まで払い続けてくれるか疑問
・ローン滞納になると競売される危険性
・完済時の名義書き換えでもめることもある
・夫との連絡がとれなくなる可能性
・夫が亡くなると、夫の新家族と遺産相続争いに

4.自分で住宅ローンを払い完済時に登記の名義を書き換える

夫の返済口座を自分で管理しながらローンを振込み、完済させた時に名義を書き換える方法です。

夫のローン引き落としの口座、預金通帳、印鑑、カードをもらっておき、自分で稼ぎながら払っていきます。

【問題点】
・自分のものになるのは数十年後
・完済、名義変更するまでは自分のものではない
・預金通帳やカードは再発行することができる
・ローン終了時、名義書換えに応じないこともある
・夫が亡くなると、夫の新家族と遺産相続争いになることも

なお、ローンの継続返済やローン終了後の名義書き換えで揉めないためには、その旨を離婚協議と公正証書できっちり残しておくことは言うまでもありません。

検討するにはまず家の価値を調べる

離婚時に財産分与を検討するときに、実際今住んでいる家にどれくらいの資産価値があるのかを調べておく必要があります。

代表的な資産評価として、「固定資産税評価額」があります。

固定資産税の評価は「土地と家屋」に分かれており、土地はおおよそ市価の7割くらい、家屋は建物の作りや床面積をベースに、築後の年数で減却して計算されます。

固定資産税の評価額は、税金を得るための算出価格のため、市場の価格からかなり安い金額となっています。

離婚時の家の評価では、実際にいくらで売れるかで調べます。

検討の段階では、おおよその金額をつかめば良いので、ネット査定などを利用すると簡単に調べられます。

家の売却金額は、不動産屋の信用度や営業力によってかなり違ってきますので、複数の業者から査定とると安心です。

簡単な入力だけで複数の企業から査定を受けることができる「不動産一括査定」などを使うことで相場を調べることができます。

不動産一括査定で現在の最高価格が分かるイエイ

査定された金額から、ローンの残金を引いた金額が、家の資産となります。資産は、プラスのこともあればマイナスのこともあります。

その金額がどれくらいになるかで、住宅を自分のものにするための手が変わってきます。

「離婚後家に住み続け自分のものにするための4つの方法」の問題点を参考にしながら、慎重に検討してみてください。